スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MOD クエスト - Oblivion

日本語化されていて高い評価のクエストMODという条件で、気になっていたものや目に留まったものを挙げてみます。
掲載した動画の選択についてはネタバレしないように配慮してますが、ネタバレを完全に排除することは動画という形式上見せられるものがなくなってしまうので不可能です。動画再生される時はご注意を。

■Bruma Guild Rebuild
Brumaの魔法使いギルド支部を復興する。
余談だが、このMODの名称は~「Rebuild」、Kvatchの方は「Rebuit」なので間違えないようにしたい。
【感想】
長編MODというわけではありませんが、謎解きや分岐もちゃんとあります。復興されたBruma支部の内装がとてもいい。気楽に遊べました。

■The Dungeons of Ivellon

新ダンジョンIvellonの追加
日本語化MODのダウンロードファイルの中に翻訳された情報がいくつか含まれているので読んでおこう。プレイヤーのLvが20台前半程度ならIvellonに近付かない方が良いと製作者からのアドバイスが記載されている。暗がりの雰囲気を台無しにするナイトアイの魔法は使用しないで欲しいともあったが、盗賊で弓を併用しているような遠距離攻撃系のキャラクターにとってそればっかりは無いと厳しい…。
【感想】
評判通りの素晴らしい仕上がりでした。一部にやや理不尽なところはありましたが、それを打ち消して余りある充実した内容なのでお勧めです。:D Lv26のキャラクターで装備をそこそこ固めて挑戦したところ、ちょうど適正レベルだったように思いました。

■Kvatch Rebuilt

灰燼と化したクヴァッチを復興する。
クエスト進行にかなり時間の経過を要するらしい。現在のキャラでメインクエストを進めているのは半分これをやりたいがため。w
ダウンロードするファイルの中にはOscuro's Oblivion OverhaulとFCOM用のオプションespが含まれているので、必要ならそれも入れよう。
【感想】
クエスト部分はわりとあっさり気味でした。復興したKvatchの街並みや住人の雰囲気がいい感じです。MODで街を一から作り上げるのって凄く大変なんでしょうね。

■The Lost Spires
探索メインの大冒険MOD。
第五番目のギルドとして考古学ギルドが追加される点が特に目を引く。10ものダンジョンが追加されるなど、他にも色々な追加要素がある。MODで導入される本を読んだり、謎解きをしたりと長い時間遊べそう。
本体の最新バージョンが14で、日本語化MODのバージョンは1つ古くて13である。13から14にバージョンアップされた項目は、フル音声化と口パクの同期、考古学ギルドの建物内の光源調整、バグ取りの3点となっていて、クエスト内容やジャーナルの変更はなさそうなので、ひとまず日本語化MODがバージョン違いでも使用できるか実験してみるつもり。
【感想】
本体バージョン14、日本語化MODのバージョン13の組み合わせで、最後まで不具合なしに無事遊べました。14で付加された音声があるのはやっぱりいいですね。第五番目のギルドを追加したというに相応しい充実した内容でお勧めです。

■Mannimarco Resurrection - Light and Dark
魔法使いギルドクエストのラスボスと再対決!
魔法使いギルドクエストをクリアしていることが導入条件になっている。大型調整MODのOOO+MMMの環境下でMannimarcoは十分強かったのでこりごりなんですが、ネクロマンサーならやっぱり自分も生き返ってもらわないとねー。早く遊んでみたいです。

■Thievery in the Imperial City
盗賊系クエストの拡張。
新クエスト11、派生クエスト2追加と相当な規模になっている。Planet Elder Scrollsで殿堂入り。
公式追加MODのKnights of the Nineをクリアしてしまってるからどうしようかな。Knights of the Nineクリア後に悪名が付くと、市民の皆さんにそれはもう罵倒されるらしいので。w
【感想】
このクエストMODで悪名は一切付きませんでしたので、いつでも安心して遊べます。戦闘があるのも最後くらいですしね。さ~盛り上ってまいりました!ってところで第1部完になったので、一瞬えっ?ってなりました。w 【ネタバレなので以下一部反転】コケにしてくれた悪役をおしおきできる(はずの)第2部が待ち遠しいです。
 ダウンロードしたファイルの中に英語のヒント集が入っているので、不具合が発生してコンソールで解決した以外に困ることはありませんでした。


翻訳について
上記のクエストMODの内、Ivellon、Kvatch Rebuilt、Lost Spires、Thieveryの4つは、複数人が協力して日本語に翻訳されたのですが、翻訳作業の代表者がどれも同じ首狩り斬姫さんという方だったのには驚きました。他の種類のMODが利用者だけでなく製作者自身にも有益であることに比べると、英語に通じている翻訳者本人にとって翻訳内容はあまり必要でないにもかかわらず、膨大な手間のかかる翻訳作業を無償でしてくださっているのですから一層ありがたい。
スポンサーサイト
カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。