スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラフィックボードの変更

2009年5月8日にグラフィックボードだけ変更しました。
今使っているゲーム用PCにはもうお金かけるつもりはなく、次は買い替えしようと考えていたんですが・・・。
買ったのはGF P98GT/512D3/LOW POWERです。

変更を決意した経緯
大型MOD「OOO」で追加された最強とされるボスVさん(仮名)に7、8回挑戦しても勝てなかったのが事の始まり。こちらがMODで召還モンスター制限数を撤廃して15体以上、敵がボス含めて5、6人、さらに敵も召還してくるとコマ送りの紙芝居モードでした。敵ボス自体も詐欺的な強さなんだけども、操作ができなくて負けるのは嫌ッ!
【ネタバレ 読む場合は反転して下さい】
あんまり負け続けて嫌になったんで、ゲームデータ覗いて手に入れておいた「神の怒り」(と自分が呼んでるw)魔法で倒してみたら、耐炎100%の指輪してました。なんだとー!魔法使いが困るじゃないの!炎系魔法でダメージ入ってないことにすら気が付かないくらいカクついてました・・・。
余談ですがこの神の怒り魔法、炎系魔法でダメージ1万w。耐炎100%の相手でも1万もダメージ入ると効いちゃうんですかね?

今後のことを考えてグラフィックボードを交換することに。これで勝てるッ!?

GF P98GT/512D3/LOW POWERについて
これにしようと思ったのは、補助電源が要らない省電力タイプだったからです。以前使っていた6800GSですら補助電源が要ったのに、4Gamerの記事を見て9800GTチップで補助電源が要らないってのは凄いと思ったことが記憶に残っていました。
ただし、この省電力タイプのチップを使ったグラフィックボードを動かすには注意点があって、電源の12Vラインが24~26A必要です。古いタイプの電源は12Vラインが20Aのものが多いので、補助電源が要らないからといって古い電源のPCでも使えるかというとそうではないのです(そもそも、古い電源で最近のグラフィックボードを動かすには電源の容量自体が不足している可能性も高いですし)。この注意点はこの製品だけに限ったことではありません。他メーカーの製品も含めてこのチップを使って製造している製品全てに該当する注意点にもかかわらず、ウェブ上できちんと説明されていないことがあるので、買い替えを検討している人にとっての大きな落とし穴になっていることが残念でした。私が買った製品の輸入販売代理店のサイトでも抜けています。メーカーのサイトにいたっては、この製品が製品一覧自体から漏れていました。ナンテコッタw
私がゲーム用PCに使っていた電源はabee社のAS Power ER-2520A{ATX12V Ver.2.2(SSI-EPS12V互換)、定格出力520W、ピーク出力620W}という価格高めのちょっと変わった電源でした。
幸い、この電源はコンバインモードというものが選べて、そのモードでは12Vラインを最大30A(ピーク35A 60秒)確保できます。何とかなるだろうと思って、PCショップの店頭に在庫があった2種類の内で安かったこのボードを選びました。

補助電源が要らない9800GTチップの他のグラフィックボードについて
現在市販されているこのチップのボードは、
・玄人志向 GF9800GT-E1GHD/GE
・Leadtek WinFast PX9800 GT Power Efficient
・ELSA GLADIAC 998 GT SS
【追記】
・GIGABYTE GV-N98TGR-512I
・MSI N9800GT-MD1G ECO
・ELSA GLADIAC 998 GT SP
などがあるようです。

私は玄人志向のボードにメモリ1GBのモデルがあったのを見逃していて、後からしまったと思いました。てっきり512MBのモデルしかないだろうと思い込んでいたのです。メモリ512MBモデルと1GBモデルの実売価格差は千円程度しかないので、グラフィックボードのメモリ容量が多ければ多いほどプレイが快適になるオブリビオンMODプレイヤーなら間違いなく後者を買うべきでしょう。私は見なかったことにしました。w
なお、GIGABYTEの製品はちょっと変わっていて、補助電源コネクタが付いているのですが補助電源を挿さなくても動きます。勿論、挿した方がより良い性能を発揮します。
【追記】
 このページ執筆後に発売されたMSI N9800GT-MD1G ECOもメモリ1GBですね。それと、Leadtek WinFast PX9800 GT Power EfficientとELSA GLADIAC 998 GT SPの2つは1スロットファンなので、暑い夏は特に冷却性能が気になります。1スロットに利点を感じる場合、多くはPCケース内部の通気が悪そうなのでなおさら用心した方がいいですね。

新ボードの使用感
素晴らしいの一言。:D 9800GTは現在エントリーミドルクラスの位置付けですから、最新鋭のハイエンドクラスのグラフィックボードには遠く及ばないでしょうが、それでも6800GSとの差は段違いです。
3Dmark06ベンチマークのスコアは2回試して両方共5700台でした。6800GSチップではベンチマークが起動すらしません。:p

ん?私のPCはCPU AMD Athlon3500+、メモリ 2GBなんでもうちょっとスコアが出るんじゃないの?と思われる方がいることでしょう。これには主な原因が3つ、
①OSがウィンドウズ2000なため、無理やり使ったver.185.85のドライバが最適化されていない。
②OSがウィンドウズ2000なため、物理エンジンPhysXがインストールできない。
③メモリが512MBx2で1GBだったところへ後から1GBのメモリを買い足して合計2GBにしたので、シングルチャンネルでしか機能していない。
が挙げられます。ウィンドウズ2000に対応した古いドライバを入れればいいんじゃないのかと思われそうなんですが、2000対応を謳ったドライバの対応しているチップはGeForce7シリーズまでなんですよね。><
VistaどころかXPも嫌いでOSを買い替えせずに抵抗していたのですが、流石にグラフィックチップメーカーが対応してくれなくなってはお手上げです。新OSを売るためにマイクロソフトから2000には対応しないように圧力かかってたりして。w
Vistaの次に出るOSは買いたくないけど買いますかね・・・。
【追記】
XPのデュアルブートを試せましたのでベンチマークを実行したところ、逆にスコアが5500台に落ちてしまいました。なので、実は上の原因①と②はたいした影響がなかったようです。
後、DirectX10も試してやろうと思いましたが、対応OS見たらVistaでないとダメでした・・・。

OS再インストールしてみたり色々と調べるのに時間を取られたグラフィックボードの交換でしたが、結果的には満足しています。最近オブリビオンをMOD込みで始める人も多いと聞きましたので、グラフィックボードを新調したくなっている人もいることでしょう。このブログに辿りついた方が電源がらみの失敗をされないようにする目的も兼ねて、交換した顛末を書き記しておいた次第です。

Bon Voyage! 良きオブリビオンの旅を。

コメント

No title

こちらでは初めまして。:D
世の中PCに詳しい人ばかりじゃないので、ハードの長所だけでなく注意点も合わせて漏れなく表記してあげて欲しいものです。

4850羨ましいです。6800使っていた時に、電源容量が足りないので性能を一部制限して動かしますって警告ウィンドウがなぜか何度か出てたので、4850まで手が出せませんでした。><

MODは既に入れてるものを強化する方向じゃなくて、未だ入れていない分野を入れてみたいですね~。今は盗賊ギルドクエスト終えた後、続けて暗殺者ギルドクエストやってるのでMODはいじれていないのですけども。w

グラフィック強化(・∀・)イィ♪
補助電源コネクタ不要タイプはお手軽そうですが、注意点もあるのですねぇ。
12Vラインがどうのとかは詳しいヒと意外は気にしていないだろうし
躓きやすそうです。。

うちも以前はGeforce6800でその後RADEON HD4850に乗り換えたので
環境が似ていますね。

PC強化するとMODも重いものを入れてしまって、また不満が出てくる
ジレンマがががが。(ノ∀`)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。